« 新芽 | トップページ | 春の日差し »

2013年4月10日 (水)

無残

最高気温 6.7度   最低気温 0.6度

積雪ゼロになって春近しかと思ったら 今日は雪がちらほら 積もるほどではないですがもう少し暖かくなって欲しいですね。 
外に出したビオラ 早めに取り込みました。

雪解けとともに見えてきたのは 球根や宿根草の芽ばかりでなく 無残に喰われたバラの姿。 去年あたりから被害が出始め 今年はまだ囲いを外してませんが去年以上のようす。 もう ガッガリですcrying

  

P1460705_2前にも載せましたが 一部を立たせて 残りを倒して雪の下にしたつるバラのブラッシュランブラー

  

P1460708 立てたのも、

   

P1460711 寝かせたのも どちらも見事な食べっぷり(。>0<。)

  

P1460728 これも、

  

P1460716 これも、

  

P1460719 これも、

  

P1460724 これも、

  

P1460736 しつこいですが これも、

バラだけでなく

P1460678 コデマりや、

  

P1460739 モミジも。 

これから冬囲いを外すと まだ出てくるのかと思うとゲンナリ やる気が半減
今まで ネズミの被害を聞いても 他人ごとのように聞いてたものが… 
落ち込んでばかりもいられないので 今後はネズミが出るということを大前提に対策を考えなければ まずもって 一季咲きのバラはもう入れないことにしようと心に誓いました。

  

P1460688へこんでる時に見つけたソルベYTTのつぼみ。 
1月に種蒔きして3ヶ月 冬の種まきでも何とかモノになりそうです。

« 新芽 | トップページ | 春の日差し »

コメント

かなりの被害ですね....残念無念。
うちの様に豪雪地帯なら 雪の下にネズミ王国を作られても仕方ないですが
積雪1mくらいのところでも こんなにやられるのですね。
これだけやられたら またしばらく被害は無いかと思います。
そして忘れたころにまた.... 大発生には周期がある様に思います。
うちは このレベルが過去に2度ほどありました。

大抵は地面近くですが、アーチの傍などは上の方もやられますね。
シュートの出の悪い品種は 回復できないので向かないと思います。

とりあえず 今年の秋は 毒エサ購入ですね...shock
気を落とさずに、立ち直ってください。
また新しいバラを買えると思えば....いや、なぐさめになっていませんね...

まっきーさんへ
ようやく雪が解けて おもいっきり土いじりが出来るというのにやる気が半減down
ここまで被害が大きいとは思ってませんでした。
甘かったですcrying
たまたま今までが無かっただけなんでしょうか…
「殺鼠剤」本気で考えています。あと波トタンも。
まっきーさんやkuniwayuさんの頑丈な冬囲い こういうことだったのですね。
  
新しいバラ…こんなことになるとは思わなかったのですが 実は大野さんへ6本ばかり既に注文してあります。ルゴサを中心に四季もしくは返り咲きばかり。 で、今回被害にあったのはERが多く 特にシュートが1本しか出てないコンスタンスプレイは 復活してくれるか心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1476604/51176900

この記事へのトラックバック一覧です: 無残:

« 新芽 | トップページ | 春の日差し »

kazahamaブログへ   ようこそ

  • 北海道の西部日本海に面した小さな町でガーデニングを楽しんでいます。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ