« ポット増し | トップページ | 窯出し »

2013年5月15日 (水)

多肉のリース作り

最高気温 10.7度  最低気温 6.0度

午後から雨☂
ならばとハウスで雨音を聞きながら多肉のリース作りを

  

P1480273 ハウスではブドウが結構伸びて

  

P1480293 房らしきものも見えてました。やはりハウスですね。

   

  P1480239 まる一年経った多肉のリース。今年は生存率が良くほぼ100%。水を控えたのが良かったようです。

                             

P1480243でも徒長は凄く茎から根が出てるのもあります。やっぱり多肉はカチッと締まってなきゃね。で、今日は作り直し。

  

P1480247 解体して徒長したものはカット。今年はあまり足さなくてもこれで十分作れそう。

  

P1480248リース台はこれ↑もう7~8年使っています。
ワイヤーネットに穴を開けたビニールを敷いて 上部は水苔でとめます。(立てた時にに上から水やり出来るようにだそうですが 私はこのまま水カメにズッポリ沈めて吸水させています)

  

P1480255 土は普通の培養土。カットした多肉を箸を使って差し込んでいきます。

   

P1480268 隙間なく詰め込むのがコツ。

  

P1480260 金の成木も立派な多肉。大きな葉がポイントになります。

  

P1480257 上から見るとこんな感じ。
直射日光を避けて暖かい所に置いて発根を促します。1ヶ月ぐらいすると落ち着いて吊るしても大丈夫に。
このリース台は初めビオラのリースとして使っていたのですが 水枯れがひどく1日水をやらないだけでグッタリ。何かイイモノないかと植えたのが乾燥に強い多肉。これが的中で手間がかからず今ではお気に入りの一つ。庭のアクセントになってくれています(^.^)

« ポット増し | トップページ | 窯出し »

コメント

多肉リースの作り方 大変参考になりました。
ビニールを敷くんですね。
私は前に作った時、ミズゴケを使ったので、多肉の容量が少なくなって
今一の感じでした。
肥料は何か入れているのですか?
見よう見まねで 今度挑戦してみます。happy01
毎日着々と庭仕事が進んでいますねー。
枯れたもの、しぶとい生命力のもの、記事を読みながら
私も同じような気持ちになって 一喜一憂しています。

まっきーさんへ
 
全くの自己流なので専門の方が見たらアレって思われるかもしれません(^^;)
肥料は何も入れてないです。一応さし木になるので無肥料のほうが発根し易いかと。あとカチっと締まった状態がいいので あまり伸びてもどうかと液肥も一切与えず水だけです。それでも結構プリプリになってくれますよ。

今日は18度まで気温が上がって今年一番の暖かさでした。毎日スコップ片手にあっちウロウロこっちウロウロ 早く待機苗を植え込んでしまいたいのですがこれが思うようにいかなくて…穴ばかり掘っています(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1476604/51643256

この記事へのトラックバック一覧です: 多肉のリース作り:

« ポット増し | トップページ | 窯出し »

kazahamaブログへ   ようこそ

  • 北海道の西部日本海に面した小さな町でガーデニングを楽しんでいます。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ