« 夕方の庭 | トップページ | 今日も移植 »

2014年8月31日 (日)

今日の庭

最高気温 24.4度   最低気温 16.5度

 

玄関前でパイナップルリリーが見頃となっています。  

P1640907赤の千日紅と 奥は白バラのエーデルワイス

 

P16409163か所に植えてるパイナップルリリー 植えっぱなしのここのが一番立派

 

P1640923ぽつぽつですが休みなく咲いてるピエール

 

P1640922一番花ほどではないですが咲きそろってきました

 

P1640911玄関に置いてる鉢花 バロータも咲きだして

 

P1640908春に植え替えたところなんと9本も花茎が 楽しみです^^

 

サンルームでは洋ランが咲いて。
P1640903夏場はどうしても外優先になるので 折角咲いた洋ランも横目でチラ見 せめて写真だけでも

 

P1640900年に二度咲くミディカトレア 

 

P1640616こちらのミニカトレアは盛りが過ぎたので前に撮ったものを

管理がいいと何輪も咲いて豪華な姿となるのでしょうが うちはせいぜい一ないしニ輪 それでもうれしいものですsmile

« 夕方の庭 | トップページ | 今日も移植 »

コメント

パイナップルリリー清楚で素敵ですね。球根植物だけを集めて春から秋までまんべんなく咲くエリアを創りたいのですが、なかなか難しいですね。
水仙、チューリップ、カマッシマ、ブローディア、フリチラリアは春。その後アリューム、百合にダイアモンドリリー、コルチカム、サフラン、ワトソニア・・寒冷地にふさわしい秋咲きの球根植物がなかなか見つかりません。
おまけに球根だけを植えたら、枯草畑になりそうで怖いですしね。根の浅い丈の低いグラスか宿根草と合わせたいのですが、そんな都合の良い物なんてあるのかなー
ガーデンをさまよいながら頭をかしげています。
そういえば教えて頂いたチーゼル、余りにも大きくなりすぎて見事に倒れてしまいました。植物の性質を良く知って植え場所を選ばないといけないですね。
ガーデンの初心者。日々これ勉強です。いつも頼もしい先生を思いブログを拝見しております。

ナナさんへ

パイナップルリリーの白花は越冬出来ますがピンクは年々小さくなって消えてしまいました。ここではギリギリなんだと思います。
球根の使い方には悩みますよね。
枯葉が目立たないように宿根草の間に入れがちですが あえて球根ガーデン グラスとの組み合わせもおもしろそうですね。
フウチソウやベニチガヤはそれほど背は高くないですが根は広がるかも
リボングラスはグラスながら球根ですよ。
チーゼル結構高くなりますもね。こぼれ種で増えるそうなのでうちでは株の周りにぱらぱら蒔くつもりです。
日々勉強は私も同じです。適材適所と思ってもなかなか上手くいかなくて毎年大量の植え替えです(^_^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1476604/57242165

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の庭:

« 夕方の庭 | トップページ | 今日も移植 »

kazahamaブログへ   ようこそ

  • 北海道の西部日本海に面した小さな町でガーデニングを楽しんでいます。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ